コラム

  1. 「イオンdeケータリング講座2018」」いまさら聞けない!「オードブル」と「ケータリング」の違いとは?
ケータリング 2018.06.22

「イオンdeケータリング講座2018」」いまさら聞けない!「オードブル」と「ケータリング」の違いとは?

「イオンdeケータリング講座2018」」いまさら聞けない!「オードブル」と「ケータリング」の違いとは?

年間2000件以上の企業・団体向けイベントを運営しているイオンイーハートが、社内イベントの幹事になった人に向けておくるケータリング講座。社内イベントの成功間違いなしの秘訣や、いまさら恥ずかしくて聞けない基本的知識などを連載していこうと思います。
ぜひ、イベント運営のご参考にしてください。
店長会議やマネージャーミーティングや中間発表会など企業・団体のイベントの後には、懇親会など多くの人が集まって情報交換や親睦を深めるパーティーが行われます。パーティーの幹事を担当する際に、もっとも困るのが「会場を探す」・「食事を用意する」の2つになります。

特に社内の会議室で懇親会が行われる場合、お弁当にしようかオードブルにしようかケータリングにしようか…と悩む方も多いのではないでしょうか?
特に自由に動き回れる立食形式の懇親会を考えたとき、よく混同してしまうのが「オードブル」と「ケータリング」の違いです。
実際に、「同じものじゃないの?」と思う方も多いと思いますので、今回はこの2つについて、何が違っていて、どんな懇親会にぴったりなのか、メリット・デメリットも含めてご紹介したいと思います。

◯そもそもケータリングとオードブルの違いは?

基本的にオードブルとケータリングの違いは、どのようにして料理を提供するか?ということです。一般的にケータリングは、提供業者が、調理済みもしくは調理材料をパーティー会場に持ち込んでその場で調理や配膳をしてくれるところまでがサービス料金に含まれています。プランによっては、片付けやマグロの解体ショーやチョコレートファウンテンなどのオプションイベントも追加することができます。いわゆる出張レストランといったところでしょうか。
一方で、オードブルは既に調理されたパーティー用のお食事を宅配にて会場まで届けてもらうところまでが料金に含まれます。そのため、実際会場に並べ、飾り付けや片付けはオプションコストが掛かることがあります。

<おぼえておくと良い特徴>
・ 会場設置から運営までお任せできるケータリング
・ 料理を会場にお届けするのがオードブル。配膳・片付けは自分たちで。

と覚えるといいですね。

◯ケータリングとオードブルの食事内容はどう違うの?

社内会議室で懇親会を行うとき、最も大事なのが「食事」です。
食事がなくなり、参加者から「食事美味しかったよ」という評判を聞くことは、幹事として満足行く運営だったと思うことでしょう。

では、ケータリングとオードブルのどちらが美味しい料理を提供できるのか?ということが気になります。

<オードブルが提供する食事>
一般的にオードブル宅配の方がケータリングよりもリーズナブルですし、同じ予算内でおさめようと考えた場合はオードブルのほうが豪華で品数も多いお料理を用意できることも多いのが特長。内々の集まりや、ケータリングサービスを利用するにはちょっと場所がない、予算が限られている…などといった場合なら、宅配オードブルの方がおすすめです。

<ケータリングが提供する食事>
ケータリングは、日本ではケータリング専門業者やホテルの一事業として手がけられていることも多く、イオンイーハートも専門業者と連携して、豊富なメニューを展開しています。ホテルや専門業者だからこそ、会社のキックオフミーティングや総会などの来賓や幹部職員が参加する高級な社内イベントの宴会など、料理の味だけでなく、目の前で料理やサーブしてくれることを楽しむ場合に利用されることが多くなります。イベントの進行状況に合わせて、食事を温かい状態で提供できることも大きなメリットとして考えられています。

◯ケータリングとオードブルによるイベント運営の違いは?

これまでのお話で、2つの違いを大枠でご理解いただけたかと思います。
幹事の方が最も気になる点である、それぞれを活用することでどんなイベント運営が実現するのか?という点についてご紹介したいと思います。

<食事の運営はどちらが楽?>
オードブルでは、基本食事のお届けがメインになるので、その分ドリンクのサーブや配膳・片付け・ゴミの分別など自前でやる必要がある場合があります。こうしたサービスが不要なら、オードブル予算をかけて、豪華なお食事を頼み、参加者の満足度を向上させることも可能です。

反対に、おまかせして、プロがサーブする料理のライブ感を味わいたいという場合はケータリングの方がパーティーの目的に合っていると言えるでしょう。


<予算規模の考え方は?>
一長一短はありますが、基本的な理解として
リーズナブル派:オードブル
ゴージャス派:ケータリング
と理解しておくと良いでしょう。
ただし、あくまでも予算感なのでオードブルでも豪華なものは頼めますし、
ケータリングでも軽食程度の内容に対応しております。ご相談ください。

<イベント会場の規模にあった食事は?>
ホテルやイベント会場を使った大規模会場:ケータリング
オフィスの会議室やセミナールームなど小規模会場:オードブル

気楽な懇親会を運営するなら、オードブルの方がベターと言えるでしょう。

<どんなパーティーに向いていますか?>
創立記念パーティーやキックオフパーティー・大型セミナー・VIP来訪イベント・商品発表会・学会・シンポジウムなど大規模および高級感の必要なオフィシャルな場であれば「ケータリング」がよいです。

一方、送別会や会議後の懇親会や、同期会、毎月行われる会議後のパーティーなど、頻度の多いイベントなどに向いていますのが「オードブル」です。

◯最後に

料理の質やイベントの豪華さも演出上重視したいなら、目の前で調理してくれたり、寿司職人や音楽や司会進行のサポートまで対応指定くれるケータリングの方がよりオフィシャルなイベント向きですが、そこまで必要ないならオードブルの方が準備も時間がかからず簡単な場合もあります。

予定しているイベントの参加者や規模に合わせ、適切な食事を用意できれば、マンネリな懇親会から脱却し、仕事のできる幹事として認められることでしょう。

イオンイーハートでは、オードブルでもケータリングでも細かいご要望を聞いてい対応いたします。また、まだ会場が決まっていない方のため、「会場から探してくれる丸投げプラン」もございます。

事前にパーティーの開催お準備の段階で要望などをまとめていただければ、
どんなこともご相談に乗りますので、お気軽にお問いあわせください。

では、次回のイオン ケータリング講座2018をお楽しみに!

記事一覧に戻る

お問い合わせ

ご不明点、ご相談は
お電話でも承ります。

お客さま専用電話番号 0120-961-151 営業時間:平日10:00〜18:00

ご注文はWEBフォームより承ります。

WEBフォームからお問合せ(無料)
pic_07
Copyright © イオンイーハート All Rights Reserved.
top